【相続登記Q&A】相続登記に必要な書類に、有効期限ってあるの?

相続登記に必要な戸籍関係は、当事務所でお取り寄せいたしますよ!相続による名義変更の登記に必要な証明書として、

  • 戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍
  • 住民票(除住民票、戸籍附票)
  • (遺産分割協議書に添付する)印鑑証明書

がありますが、

有効期限は3か月ですか?ということもよく聞かれます。


登記手続きにおいては、これらの証明書には、有効期限はありません

除籍謄本や改製原戸籍は、内容が変更されることはありませんので、

過去に別の方の相続手続きで使ったものが残っていたら、いまでも使うことができます。


ただし、相続人の戸籍謄本は、被相続人が亡くなった日以降に取得したものでなければなりません。

なぜかというと、被相続人が亡くなった時点で生存していたことを明らかにするためです。

 

不動産の名義変更の手続だけでなく、銀行で預金の手続きをする場合、

銀行によっては、印鑑証明書は「発行から3か月以内」のものでなければならないこともあります。

そのような場合は、まず、銀行での預金の解約手続きを済ませたあとで、不動産の名義変更をされるとよいでしょう。

 

また、法務局が発行する法定相続情報一覧図は、銀行などでの相続手続きにも利用でき、
その都度、戸籍の束を提出する手間を省くことができます。


相続による名義変更の登記だけでなく、
法定相続情報一覧図の手続きも司法書士が代行できます。ぜひお申し付けください。

 ▼

 

相続登記のよくある質問(目次)に戻る

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
わからないことやご相談ごとがございましたら、お気軽にお尋ねください。

 ▼名義変更をするには何が必要なのか
 ▼手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
 ▼手続き費用はいくらかかるのか

というようなご質問も、大歓迎です。


1.お電話0942-32-0020営業時間 平日 9:00 - 17:00
※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
 しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。


2.ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。

▼  


3.もし、お問い合わせフォームが利用できないようでしたら、n.ochiishi@gmail.comに直接、メールしてください。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
せっかくフォームからお問い合わせいただいたのに、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?
24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。
サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓