相続放棄

亡くなった方(被相続人)の遺産にプラスの財産があったとしてもマイナスの財産が多いときは、家庭裁判所で手続きを行うことで、相続権を辞退することができます。

 

相続放棄で重要なことは、原則として、

相続が開始したことを知ったときから3か月以内

に家庭裁判所で手続きすることです。

 

  • 相続財産が多い
  • 各地に分散している
などの理由で、3か月以内に調査が不十分で放棄するか否かの判断ができない場合は、期間を延長する手続きもできます

 

また、相続財産が全くないと信じていたけれども、3か月を過ぎてから多額の借金が判明したなど特別の事情がある場合は、相続放棄が認められることもあります。

まずは、ご相談ください


相続放棄(目次)

  1. 手続きのながれ
  2. 相続放棄の注意点
  3. 事実上の相続放棄とは
  4. 費用(司法書士報酬、実費がいくらくらいかかるのか?)
  5. お問い合わせ・ご相談の予約
  6. よくある質問

 

1.手続きのながれ
STEP1

財産の調査

「Aさん(被相続人)が亡くなったこと」と「自分がAさんの相続人になったこと」を知ったときから3か月以内に、Aさんを相続するかしないかを検討します。
判断するためには、早急にAさんの「プラス」の財産と「マイナス」の財産を調べる必要があります。

STEP2

相続放棄の申し立て

裁判所の写真.jpg

マイナスの財産が多い場合、Aさんの最後の住所地の家庭裁判所に「相続放棄の申立て」をします。(郵送でもできます)

申し立てる相続人の住所地の家庭裁判所ではありませんのでご注意ください。


【申し立てに必要なもの】

  • 申述書
  • 被相続人の住民票除票または戸籍附票
  • 放棄する方の戸籍謄本
  • 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • (放棄する方が代襲相続人や第2順位以降の相続人の場合)それを示す戸籍謄本など
  • 収入印紙 800円分
  • 連絡用の郵便切手 裁判所によって異なりますので、申立先の家庭裁判所にお問い合わせください。
STEP3

裁判所からの照会

裁判所から書面で照会があったり、裁判所から事情の説明を求められたりします。
書面での照会は、相続放棄の申立書よりもくわしく事情が聞かれます。 

STEP4

受理

裁判所の写真.jpg

裁判所が、相続放棄の申立てを「受理」するか、「却下」するかを判断します。

受理されたときは、「相続放棄申述受理通知書」が交付されます。

手続きによっては、「相続放棄申述受理証明書」が必要な場合もあります。

STEP5

相続放棄の手続き終了!

相続放棄の申述が認められますと、Aさんの相続に関しては、初めから相続人にならなかったものとして扱われます

 

被相続人の債務につき、債権者から督促状が来ているような場合は、「受理通知書」など裁判所からの文書の写しを債権者に送っておくと良いでしょう。


当事務所では、申立書の作成だけでなく、必要となる戸籍類の取り寄せ、
STEP3の裁判所からの照会に対する回答の仕方のアドバイスもいたします
ご不明な点などございましたら、お問い合わせください!

▲相続放棄の目次に戻る

 

 

2.相続放棄の注意点

 相続放棄をした後、取り消すことはできません!

相続放棄の手続きをしたあとになって、多額のプラスの財産が見つかったとしても、

相続放棄を取り消すことはできません

 

だから、相続放棄をしようと思われる際は、十分に被相続人の財産の調査をしてから判断してください。

 

なお、申し立てた後、考え直して相続しようと思われたら、裁判所が受理するまでは申しあてを取り下げることはできます。

 

 相続放棄をすると、次の順位の相続人が相続することになります!

 

たとえば、

漫画『サザエさん』で、サザエがたくさんの借金を残したまま亡くなったとします。

3か月以内に、夫のマスオと子のタラオが「相続放棄」 の手続きをしました。


 サザエさん家族関係図.gif

 

これでは、一件落着ということにはなりません。

 

なぜなら、マスオとタラオは、サザエの借金を返さなくてもよくなりましたが、
相続権は第2順位、つまり親である波平とフネに移るからです!

 

波平とフネは、それから3か月以内に
相続するか、放棄をするかを決めなければなりません。

 

波平とフネも相続放棄をしたら、今度は第3順位の兄弟姉妹、つまりカツオとワカメに相続権が移ります。

 

だから、相続放棄をする際は、次の順位の相続人に相続放棄する(した)ことを告げておくとよいでしょう

 

 相続財産のうち、一部のみ放棄することはできません!

 

「実家の土地・建物は相続したいが、その他の不動産は放棄したい」といった遺産の一部のみの相続放棄はできません。


すべてを相続するか、すべてを放棄するか

のいずれかです。


※相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ「限定承認」という方法もあります。
これも相続放棄と同様、家庭裁判所での手続きが必要で、かなり厳格な手続きです。

 

 

3.事実上の相続放棄とは

事実上の相続放棄として、
  • 特定の相続人以外の相続人の相続分をゼロとする遺産分割協議をする

  • 生前に亡くなった方から相続分を超える贈与を受けるなど、特別受益があることを理由に相続分のない旨の証明書を交付する

 

このようなことが行われることがありますが、後日相続人のあいだで紛争となるケースが少なくありません。

 

また、家庭裁判所での「相続放棄」とは異なり、

遺産分割の話し合いで遺産をまったく引き継がなかったとしても、
債権者に対しては、法定相続分の割合による債務を負担しなければなりません。

 

プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も相続したくない場合は、
家庭裁判所での相続放棄の手続きをすることをオススメします。

 ▲相続放棄の目次に戻る

 

4.費用(司法書士報酬、実費がいくらくらいかかるのか?)

 

相続開始から3か月以内か、3か月を経過しているかで手続報酬が異なります。

料金表をご覧ください。

ご依頼いただきましたら、申し立てに必要な戸籍関係も当事務所でお取り寄せいたします。

お気軽にお申し付けください。

 


 ▲相続放棄の目次に戻る

 

 

5.お問い合わせ・ご相談の予約

相続放棄のことで、わからないことなどがございましたら、

お電話(0942−32−0020)かお問合せフォームからお気軽にご連絡ください!


 

お気軽にご相談ください
顔写真 加工.JPG
0942-32-0020

受付時間 平日 9:00〜17:00

時間外や外出中は司法書士の携帯電話に転送するようにしていますが、運転中など出られないことがあります。ご了承ください。

違う時間におかけ直しいただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。

フォームからのご相談はこちら

 

▲相続放棄の目次に戻る

 

 

6.よくある質問


 相続人全員が相続放棄したら、遺産はどうなるの?<ブログ>

 

▲相続放棄の目次に戻る

【相続放棄】相続放棄をしたことを証明するには

相続放棄をしたことを証明するには、「相続放棄申述受理証明書」を取得しましょう。

 

申請先 相続放棄の手続きをした家庭裁判所
申請できる人

本人は当然できますが、本人以外の利害関係人からできます。

たとえば、他の相続人、被相続人に貸金などの債権をもっている人など

必要なもの

1.申請用紙(家庭裁判所に備付けの用紙があります)

相続放棄申述をした人の氏名のほかに、「相続放棄申述の事件番号」、「受理年月日」を記載します。

事件番号、受理年月日がわからないときは、まずは「相続放棄等の申述の有無についての照会」をすることにより確認することができます。

2.収入印紙 1通150円

3.切手を貼った返信用封筒 郵送申請の場合

4.利害関係を示すもの 利害関係人が申請する場合

 

お問い合わせはこちらをクリックしてください

 ▲相続放棄の最初に戻る 

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
わからないことやご相談ごとがございましたら、お気軽にお尋ねください。

 ▼名義変更をするには何が必要なのか
 ▼手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
 ▼手続き費用はいくらかかるのか

というようなご質問も、大歓迎です。


1.お電話0942-32-0020営業時間 平日 9:00 - 17:00
※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
 しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。


2.ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。

▼  


3.もし、お問い合わせフォームが利用できないようでしたら、n.ochiishi@gmail.comに直接、メールしてください。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
せっかくフォームからお問い合わせいただいたのに、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?
24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。
サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓