【Q&A】公正証書遺言を作るときの証人は、誰でもいいの?

誰でもいいというわけではありません。

民法(§974)で定めらている「証人にはなれない人」 は次のような人です。

 

未成年者
 法定代理人の同意があってもダメです。
 未成年者に頼まもうと思われる方は、あまりいないとは思いますが・・・

 

推定相続人・受遺者、これらの配偶者・直系血族

 推定相続人とは、「現状で第1順位の相続権のある人」のこと。


 受遺者とは、「遺言で財産を贈与される人」のこと。

 つまり、遺言の内容に強い利害関係がある人はダメということです。

 

公証人の配偶者・4親等内の親族、書記・使用人

 公証人の関係者もダメということです。

 

これらの人以外の第三者に証人をお願いする必要があります。

 

頼める友人・知人がいれば、その方にお願いするのもいいでしょう。

しかし、友人などに遺言の内容や財産のことが知られるのがイヤという方もいらっしゃるでしょう

 

そんな方は、当事務所にご相談ください

司法書士には、業務上知りえたことを漏らしてはならない守秘義務があります。

口外することは決してございません。

お問い合わせはこちらをクリックしてください

▲相続手続きQ&Aの最初に戻る

このQ&Aが良かったと思われる方は、下のボタンをクリックしていただけるとうれしいです。
 ↓ ↓ ↓

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
お気軽にお問い合わせください!わたしが対応いたします!わからないことやご相談ごとなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 名義変更をするには何が必要なのか
  • 手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
  • 手続き費用はいくらかかるのか
というようなご質問も、大歓迎です。
 
 
  1. お電話0942-32-0020の場合は、「ホームページを見て電話した」 と言ってください。
    ※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
     しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
     その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。
     営業時間 平日 9:00 - 17:00

  2. ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。
    1)必要事項を入力して、「問い合わせる」のボタンをクリックする。
    2)「この内容でよろしければ、下の送信ボタンを押してください。」というページに切り替わります。
    3)内容に間違いがなければ、「送信」のボタンをクリックしてください。
    4)すぐに当事務所から「お問い合わせありがとうございます」という件名のメールが届くはずです。
    5)もし届かなければ、【n.ochiishi@gmail.comに直接、ご相談事項をメールしてください。
    6)当事務所から、できる限り早く(原則、当日)お返事いたします。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
問い合わせフォームからお問い合わせをいただいた方に、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?


24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓