【Q&A】贈与税の非課税の範囲内で生前贈与する際に注意すべきことは?

相続税が増税される予定ですので、相続税の節税のために、計画的に生前贈与をお考えの方も多いと思います。

 

不動産を生前贈与する場合、不動産の評価額は高額ですので、一度に贈与するとかなりの贈与税が課税されることもあります。

そのような場合、少しずつ不動産の持分を贈与していくこともできます

 

少しずつ不動産の持分を生前贈与する際には、注意することがあります。

それは、複数の子どもへの贈与は避けるということ!


同じことは、相続による名義変更のときにも当てはまるのですが、

不動産の共有状態は、のちのち問題となることがあるからです。


複数人で共有していると、いざその不動産を売却しようと思っても、
共有者全員が同意しなければ手続きを進めることができません。


また、共有者のひとりが亡くなれば、亡くなった共有者の持分は、

亡くなった方の相続人が相続することになり、さらに共有者が増えることもあります。


ですので、少しずつ不動産の持分を生前贈与する場合は、

持分を分散させない方がよいでしょう


手続きに必要な書類のことや手続きにかかる費用のことなど、

お気軽にお問い合わせください。

ご相談予約・お問い合わせは、こちらをクリック!

 

▼国税庁・タックスアンサー

 

▲不動産の登記Q&Aの最初に戻る

このQ&Aが「良かった」「参考になった」と思われた方は、
下の「いいね!」ボタンをクリックしていただけるとうれしいです。
 ↓ ↓ ↓ 

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
わからないことやご相談ごとがございましたら、お気軽にお尋ねください。

 ▼名義変更をするには何が必要なのか
 ▼手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
 ▼手続き費用はいくらかかるのか

というようなご質問も、大歓迎です。


1.お電話0942-32-0020営業時間 平日 9:00 - 17:00
※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
 しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。


2.ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。

▼  


3.もし、お問い合わせフォームが利用できないようでしたら、n.ochiishi@gmail.comに直接、メールしてください。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
せっかくフォームからお問い合わせいただいたのに、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?
24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。
サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓