【Q&A】後見人をつけた父が所有している不動産は、売却することができるか?

<事例>

  • Aさんは父Bの介護をしていた。
  • 認知症の父Bの調子が悪くなったので、ほかの兄弟と相談して、介護施設に入所させることに。
  • 父Bさん所有の自宅の土地建物を売却して、介護施設への入所費用などを捻出しようと考えた。
  • Aさんは、司法書士に相談に行った。

 


意思能力がない、いわゆる「認知症」の状態であれば、 判断能力が衰えていますので、
売買の行為が「無効」になってしまいます。


だから、父Bさんに後見人をつける手続きを「家庭裁判所」でおこない、
選任された後見人が父Bさんの代理人として、売買手続きをします。

しかし、これで手続き終了にはなりません!

「居住用不動産の処分」には、処分することの必要性や妥当性、価格の相当性について、慎重な判断を要します。

本人(父Bさん)の居住用不動産を処分する場合は、
『家庭裁判所の許可』が必要になります!

売却する場合は、「買主さん」「売買価格」などが決まってから、 「売買契約書の案」をつけて申し立てをします。

この家庭裁判所の許可を得ていないと、売買契約は「無効」になってしまいます。

登記手続きにも、家庭裁判所の許可決定書を添付することになります。


 裁判所ホームページより

f:id:ochiishi:20140603154305j:plain

 ↑  ↑  ↑

お問い合わせフォームもご用意しています。24時間受け付けています。

お気軽にお問い合わせください!

 

▲不動産の登記Q&Aの最初に戻る

このQ&Aが「良かった」「参考になった」と思われた方は、
下の「いいね!」ボタンをクリックしていただけるとうれしいです。
 ↓ ↓ ↓ 

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
わからないことやご相談ごとがございましたら、お気軽にお尋ねください。

 ▼名義変更をするには何が必要なのか
 ▼手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
 ▼手続き費用はいくらかかるのか

というようなご質問も、大歓迎です。


1.お電話0942-32-0020営業時間 平日 9:00 - 17:00
※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
 しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。


2.ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。

▼  


3.もし、お問い合わせフォームが利用できないようでしたら、n.ochiishi@gmail.comに直接、メールしてください。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
せっかくフォームからお問い合わせいただいたのに、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?
24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。
サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓