新ホームページ

ホームページをSSL化(https://〜)して安全なサイトにするために、新しいホームページに移行作業中です。 新サイトもあわせてご覧いただけると嬉しいです!

https://office-ochiishi.com/

【Q&A】日本に住んでいる外国人の住所を示す証明書は?

平成24年7月9日から、新しい在留管理制度がスタートしています。

在留資格をもって中長期間在留する外国人(「中長期在留者」)には、

  「在留カード」

が交付されます。氏名等の基本的身分事項や在留資格、在留期間が記載され、顔写真が貼ってあるそうです


「中長期在留者」とは...
日本人と結婚している方や日系人の方(在留資格 が「日本人の配偶者等」や「定住者」の方)
企業等にお勤めている方(在留資格が「技術」や「人文知 識・国際業務」など)
技能実習生、留学生や永住者の方 のこと。


また、新しい在留管理制度の導入にともなって、外国人登録制度は廃止され、
外国人の方にも「住民票」に登録されるようになりました

わたしたち司法書士は、仕事の中で、よくお客さまから住民票をお預かりしたり、「運転免許証」などの顔写真付きの証明書をご提示していただいて「本人確認」をしたりし ます。

外国人住民票の創設と渉外家族法実務」という本によると、さまざまな問題点があるようです。

たとえば、住所変更の登記などをする際、過去の住所地から現在の住 所地までの移り変わりを、住民票戸籍の附票で調べます 
新たに作られる外国人住民票には、「前住所」など の記載がないから、それ以前のことを調べるには、「閉鎖された外国人登録原票」 を請求しなければなりません。

その請求先は、住所地の自治体ではなく、

 「法務省大臣官房秘書課個人情報保護係

ですので、多少面倒になるようです。

くわしくは...
▼法務省入国管理局:「新しい在留管理制度がスタート! 

▼法務省入国管理局:「Q&A在留管理制度よくある質問

▼法務省入国管理局:「在留カード及び特別永住者証明書の氏名表記について」(PDF)

▼総務省入国管理局:「特別永住者の制度が変わります!

▼法務省入国管理局:「在留カード及び特別永住者証明書の見方」(PDF)

▼総務省:「7月9日から外国人住民に係る住民基本台帳制度がスタートします。

▼総務省:「外国人住民に係る住民基本台帳制度について

▼法務省:「外国人登録法廃止後の外国人登録原票の開示請求に係るお知らせ
 ※窓口に行っても、即日交付されないようです

▼法務省:「外国人登録原票に係る開示請求について

 <開示決定に要する期間の目安>
  • 複数の原票について開示請求があった場合・・3〜4週
     
  • 最後の原票のみ開示請求があった場合・・・2〜3週間
だそうです。お手続きに必要な場合は、お早めに請求する必要がありそうです


お問い合わせはこちら
  不動産登記をご依頼いただいたお客さまの声はこちらをクリックしてください

▲不動産の登記Q&Aの最初に戻る

このQ&Aが「良かった」「参考になった」と思われた方は、
下の「いいね!」ボタンをクリックしていただけるとうれしいです。
 ↓ ↓ ↓ 

おちいし司法書士事務所へのご依頼・お問い合わせ
わからないことやご相談ごとがございましたら、お気軽にお尋ねください。

 ▼名義変更をするには何が必要なのか
 ▼手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
 ▼手続き費用はいくらかかるのか

というようなご質問も、大歓迎です。


1.お電話0942-32-0020営業時間 平日 9:00 - 17:00
※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
 しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。


2.ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。

▼  


せっかくお問い合わせいただいたのに、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?
24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。


3.もし、お問い合わせフォームが利用できないようでしたら、n.ochiishi@gmail.comに直接、メールしてください。

サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓