【Q&A】亡くなった親が、公正証書遺言を作っていたかも・・・

公正証書遺言の書類が見つからなくても、

  作っていたかどうか?

 作っていたならば、どこの公証役場で作ったか?

を調べることができます。(ただし、平成元年1月以降のものに限られます。)

 

≪検索の方法≫ 
 

申請できる人
 ・相続人

 ・受遺者(遺言で財産を贈与してもらった人)

 ・遺言執行者

 ・上記の代理人

遺言者(遺言をされた方)が存命中は、遺言者本人以外はできません


 申請方法

 公証役場で用意されている用紙にて申請する。どこの公証役場で申請してもよい。


必要書類

 ・遺言者の除籍謄本

 ・申請者と遺言者との関係が分かる資料
  相続人→戸籍謄本
  受遺者・遺言執行者→遺言書(写しでもよい)

 ・本人確認書類…免許証などの写真付きの公的証明書 または 印鑑証明書

 

 ・印鑑(認印でもいい。ただし、本人確認書類が印鑑証明書の場合は実印が必要。)

 

※公正証書遺言の検索では、遺言の内容までは分かりません

 

公正証書遺言を作っていたことが分かったら、

遺言者が遺言を作った公証役場で、遺言の謄本を請求すれば、

遺言の内容を確認することができます。

 

上記の検索方法は、あくまでも公正証書遺言の場合です

 自筆証書遺言などは、自力で探し出すほかありません

 これから遺言を書かれる方は、ご家族に

  ”遺言を書いたこと”

  ”遺言の保管場所”

 を伝えておくのがよいでしょう。 

お問い合わせはこちらをクリックしてください

▲相続手続きQ&Aの最初に戻る

このQ&Aが良かったと思われる方は、下の「いいね!」ボタンをクリックしていただけるとうれしいです。
 ↓ ↓ ↓

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
わからないことやご相談ごとがございましたら、お気軽にお尋ねください。

 ▼名義変更をするには何が必要なのか
 ▼手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
 ▼手続き費用はいくらかかるのか

というようなご質問も、大歓迎です。


1.お電話0942-32-0020営業時間 平日 9:00 - 17:00
※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
 しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。


2.ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。

▼  


3.もし、お問い合わせフォームが利用できないようでしたら、n.ochiishi@gmail.comに直接、メールしてください。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
せっかくフォームからお問い合わせいただいたのに、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?
24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。
サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓