【遺言】公正証書遺言とは?

公正証書遺言は、自筆証書遺言と違って、公証人に書いてもらいます。

 

公証人とは、裁判官や検察官などの法律実務にたずさわってきた法律の専門家が任命されていますので、自筆証書遺言のように法律の要件を満たさないために無効となることはほとんどありません

 

なので、遺言をお作りになるなら、公正証書遺言をオススメいたします。

 

<公正証書遺言を作成するまでの流れ>

STEP1

遺言の内容を公証人に伝える

もちろん、その前にご自分でどのような遺言を書くかを考えておく必要はあります。

また、準備する書類などについては、事前に公証役場に問い合わせておくとよいでしょう。 
主なものとして、
 遺言者の実印
 印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
 遺言者などの戸籍謄本
 土地・建物の固定資産評価証明書
 不動産の登記事項証明書  などです。

 

<当事務所にご依頼いただくと...>

お客さまから遺言に書きたい内容をお聞きし、当事務所で案を作成いたします。

お客さまとの打ち合わせが終わりましたら、当事務所が公証人と事前に打ち合わせをします。

STEP2

予約した日に公証役場に行く

2人以上の証人に立ち会ってもらう必要があります。もし、証人になってもらえそうな人がいなければ、公証役場で紹介してくれると思います。


<当事務所にご依頼いただくと...>

証人は当事務所でご準備いたします。(ひとりはわたしが証人として立会います。)

司法書士には守秘義務がございますので、遺言の内容が他人に漏れることはありません。

STEP3

公証人による口授

公証人が、遺言者の本人確認などをおこなってから、

遺言者と証人に遺言内容を読み聞かせをします。

STEP4

遺言に署名押印

遺言者と証人が署名押印し、最後に公証人が署名押印をする。

STEP5

公証役場で遺言の原本を保管する

遺言者には、公正証書遺言の正本と謄本が手渡されます。

遺言者は、財産の価格などの応じた公証人の手数料を支払います。

 

【参考】公正証書遺言作成手数料

 

 目的財産の価額

 手数料の額

 100万円まで

 5,000円

 200万円まで

 7,000円

 500万円まで

 11,000円

 1,000万円まで

 17,000円

 3,000万円まで

 23,000円

 5,000万円まで

 29,000円

 1億円まで

 43,000円

 1億円を超える部分については

 1億円を超え3億円まで 5,000万円毎に

 3億円を超え10億円まで5,000万円毎に

 10億円を超える部分  5,000万円毎に

 

 13,000円

 11,000円

 8,000円

                 
具体的に手数料を算出するには、下記の点に留意が必要です。
@財産の相続または遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出して、上の表に当てはめて手数料を計算し、それぞれの手数料額を合算して、遺言全体の手数料を出します。
A全体の財産が1億円未満のときは、上記@によって計算した手数料額に、11,000円が加算されます。(遺言加算)
B公正証書遺言は、通常、原本・正本・謄本と3部作成し、原本を公証役場で保管し、正本と謄本を遺言者に渡されます。
 これらの遺言書を作成するのに必要な用紙の枚数分(ただし、原本については4枚を超える分)について、1枚250円の費用がかかります。
C遺言者が病気または高齢等のために公証役場に足を運ぶことができないときは、公証人が、病院やご自宅などに来ていただくことができます。その場合には、上記@の手数料が50%加算されるほか、公証人の日当と現地までの交通費がかかります。

※公証役場は、福岡県内に11か所あります。お近くの公証役場にお問い合わせください。

日本公証人連合会のホームページ 

 

【関連ブログ記事】

 

まずは、ご相談だけでも結構ですよ!

▲このページの最初に戻る

このページが「良かった」「参考になった」と思われた方は、
下の「いいね!」ボタンをクリックしていただけるとうれしいです。
    ↓ ↓ ↓ 

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
お気軽にお問い合わせください!わたしが対応いたします!わからないことやご相談ごとなどございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 名義変更をするには何が必要なのか
  • 手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
  • 手続き費用はいくらかかるのか
というようなご質問も、大歓迎です。
 
 
  1. お電話0942-32-0020の場合は、「ホームページを見て電話した」 と言ってください。
    ※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
     しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
     その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。
     営業時間 平日 9:00 - 17:00

  2. ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。
    1)必要事項を入力して、「問い合わせる」のボタンをクリックする。
    2)「この内容でよろしければ、下の送信ボタンを押してください。」というページに切り替わります。
    3)内容に間違いがなければ、「送信」のボタンをクリックしてください。
    4)すぐに当事務所から「お問い合わせありがとうございます」という件名のメールが届くはずです。
    5)もし届かなければ、【n.ochiishi@gmail.comに直接、ご相談事項をメールしてください。
    6)当事務所から、できる限り早く(原則、当日)お返事いたします。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
問い合わせフォームからお問い合わせをいただいた方に、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?


24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓