【Q&A】不動産の登記は、したほうがいいの?

このように聞かれると「登記できるのであればした方がよい」とお答えするでしょう。

 

では、なぜ登記をしなければならないのでしょうか?


BさんがAさんから不動産を買った場合を考えてみましょう。

 

売主 Aさん

 

買主 Bさん

 

今、登記簿には所有者として「Aさん」が登記されています。

Bさんが不動産の売買契約をしただけでは、登記簿上の所有者は「Aさん」のままです。

 

そこで、Bさんが「この不動産の所有者は、わたしだ!」

と、ほかの人に示すために(自分の権利を守るために名義変更の登記をするわけです。

 

もし、Bさんが登記をしなかったら、不利益を受ける場合があります。


たとえば、AさんがBさんと売買契約をした後、Cさんにも同じ不動産を売って、Cさんが先に登記をしたような場合です。基本的に、登記は早い者勝ちなのです。

Bさんは、Aさんに支払ったお金を返すように請求し、払ってくれなければ裁判を起こすなどして、損を取り戻さなければならなくなります。

 

登記手続きには、

 登録免許税などの「実費

 司法書士に依頼すれば「司法書士報酬

が必要です。

 

しかし、その費用を惜しんだことでトラブルになると、

裁判費用など余計な支出をしなければならなくなります。

 

というわけで、「登記できるのであればした方がよい」とお答えすることになるのです。

 

お問い合わせはこちら  不動産登記をご依頼いただいたお客さまの声はこちらをクリックしてください

▲不動産の登記Q&Aの最初に戻る

このQ&Aが「良かった」「参考になった」と思われた方は、
下の「いいね!」ボタンをクリックしていただけるとうれしいです。
 ↓ ↓ ↓ 

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
わからないことやご相談ごとがございましたら、お気軽にお尋ねください。

 ▼名義変更をするには何が必要なのか
 ▼手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
 ▼手続き費用はいくらかかるのか

というようなご質問も、大歓迎です。


1.お電話0942-32-0020営業時間 平日 9:00 - 17:00
※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
 しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。


2.ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。

▼  


3.もし、お問い合わせフォームが利用できないようでしたら、n.ochiishi@gmail.comに直接、メールしてください。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
せっかくフォームからお問い合わせいただいたのに、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?
24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。
サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓