3.相続登記に必要なもの

名義変更の登記手続きに必要な書類は、

  1. 法定相続による名義変更の場合
  2. 遺産分割協議による名義変更の場合
  3. 遺言による名義変更の場合

で、必要書類は変わってきます。

いずれも原本が必要です。コピーでは手続きできません。)


登記申請の際、戸籍謄本などの原本を法務局に提出しますが、

登記手続きが済めば還付してもらえます。

また、相続登記の申請と同時に、「法定相続情報証明」の手続きをすることもできます。


1.
法定相続による名義変更
  • 亡くなった方の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本 一式

  • 亡くなった方の住民票の除票(本籍地の記載があるもの)または戸籍の附票
    →登記上の住所が記載されているもの

  • 相続人の現在の戸籍謄本または抄本
    →被相続人が死亡した以後に取得したもの

  • 相続人全員の住民票

  • 固定資産税の評価額がわかる固定資産税納税通知書、評価証明書
2.
遺産分割協議による名義変更の
  • 亡くなった方の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本 一式

  • 亡くなった方の住民票の除票(本籍地の記載があるもの)または戸籍の附票
    →登記上の住所が記載されているもの

  • 相続人の現在の戸籍謄本
    →被相続人が死亡した以後に取得したもの

  • 遺産分割協議書(実印を押印したもの)

  • 相続人の印鑑証明書

  • 不動産を引き継ぐことになった方の住民票

  • 固定資産税の評価額がわかる固定資産税納税通知書や評価証明書
3.
遺言による名義変更
  • 遺言書自筆証書遺言の場合は、検認の手続きをしたもの

  • 遺言者の死亡の記載のある戸籍謄本

  • 亡くなった方の住民票の除票(本籍地の記載があるもの)または戸籍の附票

  • 引き継ぐことになった相続人の戸籍謄本

  • 引き継ぐことになった相続人の住民票

  • 固定資産税の評価額がわかる固定資産税納税通知書や評価証明書
※引き継ぐことになった相続人が親や兄弟姉妹の場合は、先順位の相続人がいないことが分かる戸籍も必要
場合によって必要になるもの 「登記簿に記載されているAさん」 と 「戸籍や住民票のAさん」が同じ人であることが、戸籍や住民票では明らかにならない場合があります。
戸籍には住所地は書かれていませんし、住民票や附票には保存期間が決まっていて、古いものが破棄されていることもあるからです。
特に、本籍地を何度も移されている方は、戸籍の附票が取れないことが多いです。

そのようなときは・・・
  • 登記済証(いわゆる権利証)
  • (原)戸籍の附票
  • 不在籍証明書、不在住証明書
  • 相続放棄申述受理証明書、相続放棄申述受理通知書
などが必要になることがあります。


必要書類の一覧表相続登記手続きに必要なもの をご利用ください!

 

相談してみようかな?と思われた方は、お電話ください!

ご相談予約、お問い合わせは、こちらをクリック!

 

▲このページの最初に戻る

おちいし司法書士事務所への ご依頼・お問い合わせは...
わからないことやご相談ごとがございましたら、お気軽にお尋ねください。

 ▼名義変更をするには何が必要なのか
 ▼手続きには、どのくらい時間がかかるのか? 
 ▼手続き費用はいくらかかるのか

というようなご質問も、大歓迎です。


1.お電話0942-32-0020営業時間 平日 9:00 - 17:00
※外出中などは、司法書士の携帯電話に転送されます。
 しかし、車の運転中や営業時間外は電話に出ることができない場合もございます。
 その際は、再度お電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用いただければと思います。


2.ホームページからのお問い合わせは、時間帯を気にせずご利用いただけます。

▼  


3.もし、お問い合わせフォームが利用できないようでしたら、n.ochiishi@gmail.comに直接、メールしてください。

※※ おちいし事務所からのおねがい ※※
せっかくフォームからお問い合わせいただいたのに、お返事のメールが送れないことがあります。
  • お問い合わせの際に記入されたメールアドレスが間違っていませんか?
  • n.ochiishi@gmail.com】からのメールを受信拒否していませんか?
24時間以上返信メールが届かないという方は、お手数ですが、再度ご連絡ください。
サイトマップ
Facebookからも情報発信中!

Facebookのアカウントをお持ちの方は、「いいね!」をクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓  ↓  ↓